HOME > 園のご紹介 > 沿革

園の沿革

創立より現在まで

「和」と「愛」を教育に

◎創立の理念
 健全な精神、健全な心、健全な身体、健全な知性を持った子どもを育て、世界の愛 と調和と発展を目指します。

◎創立より現在へ
 若草幼稚園は昭和8年、初代園長故関根春与(現園主 関根寛母)により、見渡す限 り一面の菜の花とつつじ畠に囲まれた碑衾(現 自由が丘)の地において創立されま した。目黒でも創立は3番目であり、私立幼稚園の先駆として、幼児教育一筋に歩んでまいりました。第二次世界大戦という大きな社会的負産も負いつつ、戦後の 不幸な社会環境を乗り越え、幼児教育によって戦後復興を支えてきたと自負しております。昭和42年に2代目園長 関根幸子が平成24年に3代目園長 高坂和子が初代 園長の遺志を継ぎ、誇りある伝統を守り、私立幼稚園ならではの五感を豊かにする情操教育をもとに、新時代にふさわしい幼児教育を目指し、現在に至っております。
 卒園生も年毎に代を重ね、お子さま、お孫さま等々、当園を愛していただき入園なさっております。又、遠方からも通ってきて下さり誠に有難く思っております。 

◎現在から未来へ
 現在は今までの情報化社会、国際化社会、高齢化社会がより複雑に絡み合うことによって、深化した社会状況となっております。今後の超情報化社会、超国際化社会、超高齢化社会においては、理性と教養、リーダーシップを持つ人間の育成が求められている今、そのような人間形成の礎となる真の意味での幼児教育を園長はじめ教職員一同努力と研鑽をしてまいる所存でございます。

1949年の若草幼稚園

1940年の若草幼稚園

現在の若草幼稚園

2000年の若草幼稚園

« 若草幼稚園のご紹介 | 若草幼稚園の一日 »